中古マンションを独身女性が買うとき

中古マンションと新築マンション

独身女性が自分の家の購入を考えるとき、何を基準に選べばいいのか、悩みますね。大きな買い物ですし、将来をよく見据えて買う必要があります。ずっとそこに住み続けるのか、結婚した場合は相手によっては引っ越すことも考えなければなりません。立地にこだわりましょう。新築でも手ごろな値段のものもありますが、立地にこだわれば、それが中古でも全く問題はありません。さらに中古マンションの価格は新築に比べて若干安めで、選択肢も多いことにも注目です。

中古マンションの価格

中古マンションの価格を見るときに、必ず頭に入れておきたいのがリフォーム費用です。転売、賃貸にするかもしれないことを考えると、痛みの少ないうちにある程度のリフォームをしておいたほうがよいでしょう。立地にこだわれば、多少、築年数の古い中古マンションでも、転売や賃貸の時にはすぐに買い手や借りてを見つけることが出来ます。そのためには、少しの手入れはやはり必要で、特に水回りや、とか古さを感じさせる間取りを今風に変えておくのも、中古マンションの価格を落とさないために必要です。

中古マンションは可能性がいっぱい

誰だって新築がいいに決まっています。建築ラッシュで新築マンションの買い手がおおいということは、それだけ中古マンションが余っているということです。売りたい人もいっぱいいるということになります。中古マンションには、新築にはない付加価値として、とか値段が安い分、とか立地にこだわれるといこと、前オーナーが手を入れていることもあり、標準装備よりもいい設備になっていることもあります。そして中古マンションのいいところはリフォームしやすいということです。自分の思い通りの部屋に作り変えることも可能です。独身女性がマンションを購入するなら中古マンションをお勧めします。

リノベーションマンションとは、リフォームよりも大規模な改修を加え、築年数の経った建物の可能性を広げた物件です。