情報収集が大事!飲食店の候補となる物件選び

繁盛の条件!飲食店の立地を重視

飲食店の店舗物件選びでは、必要な条件が整っているかが大事です。物件選びで気になるのが立地です。いくら品質の良い商品やサービスを提供していても、通いにくい場所にあっては問題が生じます。飲食店経営においても、立地は重要性の高い要素です。できれば駅前など人通りの多い場所の店舗物件を選んだ方が、飲食店は繁盛します。賑やかな場所は、賃料は高い傾向にはあります。しかし収益が見込めるなら、狙ってみる価値があります。

気になるライバル店!近隣の飲食店の状況を確認

飲食店の経営者にとって気になるのは、ライバル店の動向です。近隣にライバルとなりうる飲食店が存在すると、売上げに響きます。強力なライバルが近くに存在するような店舗物件は、避けるのも判断のうちでしょう。そこで飲食店用の物件を選ぶ際には、周辺のライバル店へのリサーチが欠かせません。近くに飲食店がある場合には、その店の状況を下調べします。客足や経営状態などを確認し、最終的に出店すべきかどうかを判断します。

飲食店のインフラは大丈夫!?電気やガス水道など

飲食店を開くには、物件にインフラが整っているかが大切です。電気やガス、水道は、調理で必ず必要となる設備です。ただしビル内など場所によっては、ガスが使えないケースがあります。その場合には、ガスコンロの代わりにIH調理器を導入するなどの対応が求められるでしょう。さらに、エアコンなどの空調や換気設備も十分煮と整っているかどうかを確認します。新たに追加工事が必要となると費用がかさむため、注意したいポイントですね。

店舗物件の家賃は建物の構造や立地環境で大きく変わります。その一方で頑丈な建材を使用している建物が多いので、立地が良い物件は築年数が長くても家賃が高値安定になる傾向があります。