意外と知らない!?注文住宅を建てる住宅土地選び

なんといってもライフプランが重要

結婚や出産、定年などを機に注文住宅の建築を検討することがあります。その際両親などから譲り受けた土地ではなく、一から探すところから始める家庭も多いですが、その際職場からの位置や実家との距離といったポイントで選ぶことがあります。それに合わせて次のようなポイントを押さえておくことで、注文住宅にあった住宅土地探しが行えるようになります。まず重要なのが何と言ってもライフプランです。多くの人は住宅ローンを利用するため今後の返済計画を練ることになりますが、それに合わせてライフプランをある程度計画立てておくことで、ライフイベントに合わせて利用できる注文住宅が建築できるようになります。

なぜライフプランが重要か

なぜライフプランが重要かという点ですが、たとえば健康な若い年代であれば、2階建てや3階建て、デザイナーズタイプの一戸建てであっても難なく生活が行えます。しかし年齢を重ね足腰が弱ってくると、少しの段差であっても苦痛に感じることがあり、山の上の土地などで生活しづらく感じることがあります。また交通機関などの問題もあり、免許証を返上した後の交通手段をどうするか、免許が無くても生活できる地域なのかなども見極めねばなりません。

行政などについて考える

また住む地域によっては建築基準法などをはじめとする制限があり、思うような注文住宅が建築できないことがあります。特に建蔽率や容積率は地域によって大きく変わり、それに伴う届け出や許可なども大きく変わります。そのため建築計画に支障がでることもあるため、あらかじめ土地を購入する前にある程度注文住宅の形や大きさについて勘案しておき、ハウスメーカーなどと相談しながら土地探しを行うことが重要です。上記のポイントをしっかり押さえ、注文住宅にあった住宅土地探しを行うことをお勧めします。

注文住宅の場合、こだわりの構造や高品質な素材を採用することも可能なので、こだわりの家づくりができます。